クリアネオ ボディーソープ

クリアネオ ボディソープが届きました。

 

私は以前から多汗症で悩んできました。色々な制汗グッズを試してきましたが、今日はその一環で、「クリアネオ・ボディーソープ」を取り寄せて実際に使ってみた感想を備忘録的に書きたいと思います。

 

率直かつ辛口のレビューの方が、あとあと試したいと思案中の方々にも役立つと思いますので、参考にしてください。ただ、皮膚感覚や汗の質や量は個人差がありますので、目安としてご覧ください。

 

今までもボディーソープは様々なものを試してきました。ミドル脂臭用ノネナール対策系や、ドラッグストアで売っている爽快トニックボディシャンプーのようなものです。どれもしっくりこなかったので、評判になっている、クリアネオボディーソープを試してみることにしました。

 

手に取ってみた印象
無色透明で、比較的サラサラです。ベトッとはしていません。香りもほとんどありませんが、表現しにくいわずかな香りがします。いやな香りではありません。商品の紹介にあったユーカリの香りなのかもしれませんが、ユーカリ自体、どんな香りか知りませんので、それかどうかも分かりません。

 

これまで使っていたミドル脂臭対策のボディーソープは独特な香りがしました。また、安いトニック系のボディシャンプーは、これでもかというぐらい刺激的な香りがしましたが、そうした印象はありませんでした。色がまったく付いていないのも予想外です。

泡立ちと洗い心地

 

私がいつも愛用している、MARKS & WEBのタオルで使用したのですが、泡立ちは具合は至って普通でした。これまで使ったボディソープの中に、泡の石鹸ボディソープなるものがあって、それの泡立ちがものすごかったのですが、マイルドすぎて皮脂を落としたりするのには不向きでした。

 

泡立ちはノーマルでしたが、しっかりと汗や皮脂を取ってくれている感じがします。それと、トニック系のボディソープと比べて、洗いあがりがしっとりという印象を受けました。多分、色々入っている自然由来の成分のせいかもしれません。

 

 

 

 

これまでの制汗対策の経緯

 汗が止まらない

 

それほど汗っかきではなかったのですが、20代半ばの頃、仕事でもの凄く暑い屋内でしばらく仕事をする必要が生じ、その時にもの凄く汗をかいたのですが、それ以来、汗腺が開いてしまったのか、ワキから汗が大量に出るようになり、多汗症に悩むようになりました

 

昔から汗っかきの人は、それほど暑くなくても額や顔から汗が噴き出していたりしますが、私の場合、顔から汗が滴るということはほとんどなく、ワキが主で、あと腰のあたりと、足の指の付け根付近の汗が大量に出るようになりました。

 

緊張すると余計、ワキに汗をかくようになり、ひどい時はシャツのワキを絞れるんじゃないかと思うほど、びっしょりになっていました。靴下に付く汗も多く、靴を脱ぐと足型のように汗のカタチが見えていました。当然ながら靴の中は蒸れるので、会社内ではパッと見、革靴に見えるスリッパを履いて蒸れないようにしていました。

 

 転機になったこと

 

汗が多いのは困ったものだとは思ってはいたのですが、暑い季節が過ぎると忘れてしまい、大したケアもしていませんでしたが、耐えかねたのか、会社の少し年上の同僚から「汗臭いよ」と言われ、少なからずショックを受けてどうにかしなければと思うようになり、色々な制汗グッズを試してきました。

 

家族に聞いたところ、汗が蒸れたようなニオイの時はあるけど、ワキガではないと言われたのは不幸中の幸いでした。あの鉛筆の芯のようなニオイを自分が発していたらどうしようかと思いましたが、多汗だけであれば単純に汗対策をしていけば何とかなるだろうと思っていましたが、そこからも遠い道のりでした。

 

まず試したのは、よくある制汗スプレーです。一瞬で冷えて汗が止まったようになりますが、一時的なもので効果は長続きせず、根本抑制にはなりませんでした。その後、ミョウバン入りのストーンなども毎日試しましたが、少し汗臭さが抑えられた程度で、汗は一向に収まりませんでした

効き目があったもの

ここでは詳しく紹介しませんが、色々試してみて、これでダメなら多汗症手術しかないと思い始めた時に、ネットの評判がよかったので取り寄せたのが、クリアネオと、今回紹介しているクリアネオボディソープのセットです。

 

クリアネオのほうは、シャワー後と、朝出かける前に塗るクリームなのですが、これを毎日つけるようになって、1カ月ぐらいして汗があまり出ないことに気が付きました。

 

正確には汗が出ない状態が本来普通なので、振返ってみて出なくなったという状態でしょうか。それまで色々な制汗商品を試してきましたが本当に助けられた思いでした。

使い始め初期の頃の印象
あまり期待していなかったせいもあり、冒頭のレビューのように、淡々と使用していました。現代はスピード化社会ですからすぐに効かないと大丈夫だろうかと思うものです。でも、ボトルにボディーソープが残ってるし、全部使い切るまでは使ってみるか程度のノリで使用していました。

 

そんな時、仕事であるプレゼンを大勢の前でしなければならい時があり、ストレスを数日前から感じていたのですが、当日になって、ひどく緊張するとワキの下から肋骨のあたりをツツーとつたる汗を感じず、終わった後もシャツがあまり湿っていませんでした。

 

この出来事は、使い始めて3か月目だったと思います。定期購入にしていたので、2本目を使っていた頃だったでしょうか。これで効果を実感してその後も使い続けています。

クリアネオはなぜ効果があるのか

購入前に調べたのですが、実際になぜ汗に効くのか、まとめてみました。主に5つあります。

 

植物性洗浄成分で洗い流す

  • カリ石ケン素地
  • コカミドプロピルベタイン
  • コカミドメチルMEA

知らない成分が並んでいますが、どれも植物由来なので化学合成物質で無理やり閉じ込めようとしないのがいいですね。

 

臭いの元を抑える成分を6種類配合

  • o-シメン-5-オール 【殺菌成分】
  • クマザサ葉エキス 【抗菌成分】
  • チャ葉エキス 【抗菌成分】
  • オウゴン根エキス 【抗菌成分】
  • シャクヤク根エキス 【抗菌成分】
  • ユーカリ葉油 【抗菌成分】

ニオイの原因となっている雑菌の繁殖を抑制する効果があるそうです。たくさんの植物が使われていますね。

 

抑臭効果がある柿タンニン配合
柿渋エキス配合石鹸などが消臭効果があるとして、商品化されるようになりましたが、固形石鹸はボディーソープの便利さに慣れると面倒なんですよね。その点、クリアネオボディーソープは、柿タンニンが配合されているので楽に洗えている気がします。

 

保湿成分を4種類配合

  • ヒアルロン酸Na
  • アロエベラ葉エキス
  • アルゲエキス
  • シャクヤク根エキス

洗浄成分が強いボディシャンプーで強く洗うと肌が乾燥しますが、乾燥すると肌は皮脂を出して保護するそうです。その皮脂が臭いの原因になりますが、クリアネオボディーソープは保湿成分たっぷりなので、余分な皮脂が出にくいようです。

 

 

無添加・天然成分配合
 以下のものは不使用。

  • 着色料(タール系色素)
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • シリコン
  • 動物性由来原料
  • パラベン

敏感肌や、金属アレルギーの人も大丈夫なようです。私も乾燥肌ですが、化学成分が使われていないので、カサカサになったりはしていません。これだけの成分を配合するとなると結構な手間と思いますが、汗に効いてくれているので納得です。

クリアネオ関連商品をお得に購入する方法

クリアネオボディソープを購入するなら、公式サイト限定の1本定期便2,480円キャンペーンがおすすめです。
通常1本価格3480円を1000円引きで購入することが可能です。送料は別途です。

 

公式サイトからなら、毎月体臭予防に役立つグッズが付いてきます。そして、今年の1月から定期購入の必須回数制度が無くなりました。簡単に言うと、定期便割引価格で申し込んで1回でやめても割引価格は維持されるという事です。これはリピート率90%以上という実績に元づいた会社の自信の表われと思います。

 

クリアネオとクリアネオ・ボディーソープのセットもお勧めです。私はそれで汗体質を改善できました